日韓合意大特集

 

日韓合意のYouTube動画特集


【青山繁晴】政府は「慰安婦日韓合意」がもたらした「在米邦人の窮状」から目を背けるな[桜H28/12/2]


動画日付: 2016-12-02 時間:14:30:00.

「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える

著者名:前田 朗 編著 内容説明:2015年12月の慰安婦問題をめぐる「日韓合意」は、被害を受けた女性たちが受け入れることのできない「結末」であった。「合意」の内実を明らかにし、検討を加えると共に、「合意」を批判する各界からのメッセージを収録。【「TRC MARC」の商品解説】昨年12月28日の慰安婦問題をめぐる「日韓合意」は、被害を受けた女性たちが受け入れることのできない「結末」であった。最終的解決であるかのような意見が、日本だけでなく韓国にも見られるが、そのゆくえはどうなのか?被害者はどう受け止めたか?「慰安婦」問題に対する安部政権のこれまでの姿勢と今後の対応は? 日韓のみならず東アジア・東南アジアや国際社会にどのような意味を有するか?日本の「慰安婦」問題が戦時性暴力であり、日本政府に法的責任があること、公式謝罪と賠償を行なうべきであることが、四半世紀に及ぶ調査と討論を通じ、国連人権委員会、国際自由権規約委員会、女性差別撤廃委員会(他)なども日本政府に解決を求めてきた。本書では歴史的経過と本質に立ち返り、議論の視座を再確認しながら、「合意」の内実を明らかにし、批判的に検討する。【商品解説】

¥1,080

「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える 日本軍性奴隷制の隠ぺいを許さないために

2015年12月28日の慰安婦問題をめぐる「日韓合意」は、被害を受けた女性たちが受け入れることのできない「結末」であった。最終的解決であるかのような意見が、日本だけでなく韓国にも見られるが、そのゆくえはどうなのか?被害者はどう受け止めたか?「慰安婦」問題に対する安倍政権のこれまでの姿勢と今後の対応は?日韓のみならず東アジア・東南アジアや国際社会にどのような意味を有するか?「合意」の内実を明らかにし、批判的な検討を提案。

¥1,080

慰安婦問題はこれで決着するのか 日韓合意の先を読む

戦時中の旧日本軍の慰安婦をめぐる問題で、日韓両国政府が「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した。この問題はどのように日韓両国間で浮上し、政治・外交問題として発展していったのか。なぜ、これまで隔たりがあったのか。経緯をまとめるとともに、今後の展開について識者の意見を聞いた。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:6400文字/単行本換算で9ページ】

¥108